The Sumo World as Seen Through the Gambling Cases of 2010

Keiko Morita


Abstract

This article is in Japanese.

In summer 2010, a scandal in gambling on baseball matches implicating sumo wrestlers and their bosses was reported day after day by Japanese mass media. This scandal revealed the connections between the sumo world and criminal organizations and lead to unprecedented actions, such as the dismissal of the active Ozeki Kotomitsuki, one of the top Japanese sumo wrestlers, and the suspension of live television broadcasting of the sumo tournament. The reason why the Japanese public instigated mass public debates may relate to the notion that sumo has an intimate association with the gods, reinforced with its special position in Japanese tradition and culture. This article first presents a brief history of sumo and explains its particular characteristics. Then it provides a summary of the chain of events in the baseball gambling scandal and the responses from the Japan Sumo Association. In conjunction with examining the connection of the sumo world to criminal organizations, this article also identifies key managerial problems with the Japan Sumo Association.

2010年賭博事件にみる相撲界


2010(平成22)年夏、力士や親方らの賭博事件が、連日日本のマスコミをにぎわした。これまでも取りざたされてきた相撲界と暴力団との関係が明らかになり、現役の大関琴光喜の解雇やNHKでの相撲中継中止など、前代未聞の事態が続いた。相撲界のスキャンダルが大きな議論を巻き起こすのは、相撲が神事とのかかわりを持つものとして意味づけられ、日本固有の伝統を担う独特な存在だとする考えがあるからだろう。本論文では、まず相撲の歴史を簡単に振り返り、相撲の持つ特異な性格を見る。次に一連の野球賭博事件の概要とそれへの対応を取り上げる。最後に相撲界と暴力団の接点を視野に入れながら、日本相撲協会の問題について考察する。

Keywords

The Sumo Association; gambling; the Nagoya tournament; gangsters; Japan Sumo Association; gambling; Japanese tradition; Japanese criminal organization; National sports

Full Text

PDF

References

植木行宣(2009)『中世芸能の形成過程』岩田書院

内館牧子(2006)『女はなぜ土俵にあがれないのか』幻冬舎

大見信昭(2007)『大相撲界の真相』河出書房親書

大山眞人(2006)『昭和大相撲騒動記』平凡社新書p.341

風見明(2002)『相撲、国技となる』大修館書店

川端要壽(1993)『物語日本相撲史』筑摩書房

窪寺紘一(1992)『日本相撲大観』新人物往来社

警察庁組織犯罪対策部暴力団対策課企画分析課(2009)『平成20年の暴力団情 勢』(2009年4月)

「国技館サービス」(2011/10/21 アクセス)

小島貞二(1981)『大相撲裏面史』千人社

高埜利彦(1989)『近世日本の国家権力と宗教』東京大学出版会

中澤潔(2011)『大相撲は死んだ「過去のあやまち」と認めない人たち』宝島社 新書

新田一郎(2010)『相撲の歴史』講談社

日本相撲協会「平成22年収支決算書」「平成22年財産目録」

(2011/10/22日アクセス)

長谷川明(2002)『相撲の誕生』青弓社

藤井安二郎(1938)『四股を踏んで国策へ』大日本清風会

藤井安二郎(1939a)『相撲道の復活と国策』大日本清風会

藤井安二郎(1939b)『武道としての相撲と国策』大日本清風会

三田村鳶魚(1976)『三田村鳶魚全集 15 相撲の話 江戸雑録』中央公論

宮本徳蔵(1985)『力士漂泊 相撲のアルケオロジー』小沢書店

元大鳴戸親方(本名 菅孝之進)(1996)『八百長~相撲協会一刀両断~』鹿砦社、西宮(兵庫)。

柳田國男(1963)「年占の二種」『定本柳田國男集 第13 巻』筑摩書房

和歌森太郎(1981)『和歌森太郎著作集 第10 巻』校文道

Article Metrics

Metrics Loading ...

Metrics powered by PLOS ALM